フランチャイズビジネスは利用するのではなく活用するものです

2016/10/22

独立のための事業内容はすでにあるものです

サラリーマンが一念発起して独立をしようと考える人は、すでに事業を念頭に置いているものです。誰もがまだやっていない事業計画を実現したいと意気込むのですが、世の中には同じ考えを持つて、すでに誰かが手を付けていると考えることです。更に、同じ事業内容でフランチャイズビジネスとして本部があるかもしれません。辞表を出す前に、インターネットで検索をしてみることです。あれば止めるのではなく、そこから更に進化したビジネスを組み立てることです。

起業は信頼すべき人を選択することです

経営は一人で行うものもありますが、それでも誰と手を組むかで大きく違いが出てきます。人を簡単に信用するわけにはいきません。フランチャイズ本部はビジネスで勧誘を行っているのです。営業ですから良い話をするのは当たり前で、言葉巧みに接してきます。言葉を信用するのではなく、独自にジビネスの中身を調べる必要があります。物を注文するのに数社に見積書を頼みますがこれと同じで、同じようなフランチャイズを比較検討してみなければ決定はできません。

起業は独立した経営を起こすことです

フランチャイズは事業をゼロから指導をしてくれるので大いに助かります。しかし、サラリーマンであった人は良く間違いを犯してしまいます。経営指導をそのまま鵜呑みにして、経営の責任まで負ってくれると錯覚してしまうのです。フランチャイズはお任せで利用するものではなく、加盟した経営者が活用するシステムなのです。活用するとは自らも動いて現場を知り、経営の指導は受けるが自ら判断しその結果については、責任を持つという姿勢が大切なのです。

売主が代理店に代理委任をして、顧客に斡旋・仲介をして、顧客が売主に代金を支払います。在庫が不要で、品質保証責任があまりありません。

/