会話は一切不要!1000円カットは人と話すのが苦手な人に向いている

2016/10/22

一般的な床屋や美容室では会話を求められる

髪を切ってもらうのが好きではないという人は決して少なくありません。そういう人が理由として挙げることに、人とコミュニケーションすることに抵抗があるというものが挙げられます。床屋や美容室に行くと、カットしてくれる人がいろいろと話しかけてくるので、それが苦手だから紙を切りに行くのも嫌だということです。では、1000円カットの店で髪を切ってくれる人は、やはり、客に対していろいろと話しかけてくることがあるのでしょうか。

1000円カットは時間が短いので会話の暇がない

基本的に1000円カットは、一般的な床屋や美容室と比べると、カットしてくれる人と客が接触している時間が非常に短いです。というのは、髪を洗ったり、ひげを剃ったりするサービスが存在しないからです。中には10分と時間を区切っているところもあります。10分というのは、客にとってはあまり退屈を感じさせない時間であり、カットする人が退屈させてはいけないと気を遣うことがないので、客側から話しかけない限り、積極的に話しかけてくることはまずないといっていいでしょう。

希望の髪型など最低限の会話は必要

なので、カットしてくれる人と話すのが嫌だという人は、1000円カットへ行くと無言で切ってもらえるので行ってみるといいです。ただ、まったく会話をしなくて済むかというと、それは難しいです。というのは、どのような髪型が希望か、あるいは髪をどれぐらい切るのかといった注文を伝えないといけないからです。なので、コミュニケーションが苦手という人も、あらかじめどれぐらい切ってもらうのかということを考えていくようにしましょう。

1000円カットを開業するには、高額な資金が必要となることがありますが、なるべく多くの店舗の仕組みを事前に理解することが有効です。

/