会社が行う研修には多種多様な研修があります

2016/08/27

階層別に実行しすべての社員が受ける研修が存在します

会社組織は入社した後戦力化させることを考慮して、社員教育をシステム化して進めています。このケースではすべての社員を階層別に区分して教育を進めます。このことは学校における教育と似ていて、小学、中学、高校といった調子で、教育内容を効果的に進め、社員に理解しやすくしています。前もって年間計画が取り決められて、階層別に担当者が会社の業務であったり休日などの配慮をしてすべての社員が学習できるようにしています。

選別された方達が受けられる研修について

研修中には選別された方達が受講することができる中身のものがあります。会社は雇用された人材が全てが管理職になれるものではないのです。二八の原理原則といわれるパターンがあり、管理職についてはすべての社員の2割が目安です。入社時は一線から開始しますが、一年サイクルで評定が付き差異か生じます。一般職から始まり管理職にレベルアップする時には選別された面々のみが学習できる研修があります。こちらの研修を経験していなければ昇格はないというものになります。

国の法律に沿った研修もあります

会社組織の職種によって、法律に沿いながら会社の業務を進めなければならないケースもあります。ひとつの例として、建設業がその一番手といえます。地震の損害が非常に大きく建物の構造にトラブルが起これば、構造上の規制を設定することがあります。この国の法律の変化があったケースでは、業界が主導して転換の研修会を開きます。構造上の資格者は研修に加わり、中身を熟知しなければ重要な業務ができないことになります。その結果、会社組織では実務担当者を研修にさせます。

管理職研修では、若手職員への人材育成や、現場のトップとしての立ち振る舞い、職場の経営に対する中長期的な視点の持ち方などをレクチャーしております。

/