情報流出に気をつけよう!プライバシーの保護すべき対象

2016/04/24

スマートフォンからのプライバシー情報流出を阻止!

身を守るためには、常日頃から気をつけたい点があります。プライバシーを守るのにも、普段からの心掛けが大切です。個人の情報が流出することがないよう、どの点について気をつけるべきか知っておいたほうがいいですね。最近では、スマートフォンを所有する人が増えてきました。スマートフォンは、プライバシー情報の塊でもあります。そこでプライバシーを守ることを目的として、パスワードをあらかじめ設定しておいた方が安心です。

手帳の管理は厳重に!ビジネスマンは特に注意

スケジュール管理には、手帳があると便利です。ビジネスマンは特に、手帳はいつも手放せない存在でしょう。この手帳は、個人の情報が数多く記載されています。手帳の管理は厳重にしておいたほうがいいですね。万が一手帳を落としたとすると、個人のプライバシーのみならず関係者の住所や電話番号、仕事の重要な情報に至るまで、誰かに知られてしまいかねません。特に複数の手帳を使い分けている場合には、管理に気をつけましょう。

ハガキのゴミには注意!思わぬプライバシーの落とし穴

個人情報が流出しプライバシーが侵害される原因は、思わぬところに潜んでいます。ゴミには、実はプライバシー情報が多く隠されています。ハガキや手紙など、そのままゴミに出してしまう人も多いでしょう。しかしそのゴミから、プライバシーに関する情報が外に流出する可能性があります。万が一を想定して、個人情報に関わる葉書や手紙は、シュレッダーにかけた方がいいでしょう。住所や氏名に当たる部分も、見分けがつかないよう消しておくのが無難です。

機密文書は、企業にとっての命綱です。従ってプリントした後は確実に集めて、シュレッダーにかけて関係者以外は見られないようにしましょう。もし再度見る必要があればパソコン上に残しパスワードを工夫します。

/